胸を大きく育てたい!バストアップに効果的な食べ物まとめ

毎日の食事でバストアップ

運動やアプリなどバストアップ方法はいろいろありますが、基本は毎日の食事です。

必要な栄養を体に届けることがバストアップへの第一歩!

まずは、有効な成分を食事にとりいれることから始めましょう。

効果的な食べ物と成分について、じっくりと紹介していきます。

バストアップに効果がある成分

エストロゲンと似た性質のある「イソフラボン」

イソフラボン

主にマメ科の植物に含まれているイソフラボンには、女性ホルモンであるエストロゲンと似た性質があります。

エストロゲンは女性らしい体を作る働きがありますが、イソフラボンは植物性エストロゲンと呼ばれている成分。とることで乳腺が発達して大きくなり、バストの脂肪の量も増えていきます。

[st-kaiwa1]生活習慣の乱れやストレスで女性ホルモンが減ってしまっている方は、大きな効果を期待できますよ。[/st-kaiwa1]

バストアップ以外でも、生理不順の改善や美肌など、女性にうれしい成分が盛りだくさんの成分なんです!

エストロゲンが多量に分泌は子宮や乳房の病気の原因になりますが、イソフラボンならその心配もありません。

ただし、過剰摂取はホルモンバランスの乱れにつながるのでほどほどにしてくださいね。

 

エストロゲンの原料となる「タンパク質」

タンパク質

タンパク質

バストは土台である大胸筋や、乳腺や筋肉を吊り上げているクーパー靭帯によって支えられてます。

これらの維持がバストアップの鍵!

タンパク質は大胸筋やクーパー靭帯もとになる成分です。不足してしまうと支えられなくなり、垂れさがってしまいます。

形もくずれてしまいますし、バストトップも下がってしまう……。

バストトップが下に向くことによって、ボリュームも大幅ダウン。特にクーパー靭帯は一度伸びてしまうと、元に戻らなくなってしまいます。

胸を大きくなっても、垂れてしまっていては意味がありませんよね?

さらに、タンパク質はエストロゲンの原料になります。豊かで形の良いバストを作るためには、タンパク質が必要不可欠!

大胸筋トレーニングも同時に行うと、効果もグッとアップします。

 

エストロゲン分泌促進の「ボロン」

エストロゲン分泌促進の「ボロン」

エストロゲン分泌促進成分として有名なのが、キャベツに含まれているボロンという成分です。

ボロンはミネラルの一種で、日本語ではホウ素と呼ばれる成分。分泌を促すことでエストロゲンが増加、血中の濃度も濃くなります。

エストロゲンが乳腺を刺激することによって、バストの脂肪もあつくなるのです。

ただし、熱に弱いので要注意!

火を通してしまうとなくなってしまうので、生食がおすすめです。

過剰摂取は危険なので1日3㎎までを基準にしてください。

キャベツなら4分の1ほど、林檎なら3個が適切ですよ。

また、生理前や生理中はホルモンバランスが不安定なので、少し量食べる量を減らしてください。

 

大豆製品にたっぷり!イソフラボンを含む食べ物

豆腐

豆腐

 

豆腐1丁に含まれるイソフラボンは80mgです。一日に必要なイソフラボンは70mg。半丁~1丁ほど食べるだけで一日に必要なイソフラボンをとれます。絹よりも木綿のほうがやや多めなので、少量をたべるならそちらの方が良いでしょう。

冷ややっこやお鍋など、アレンジがきくのが魅力的。ハンバーグやサラダなど、工夫次第でいろいろな食べ方ができます。飽きがこないので毎日続けやすいんです。また、とってもヘルシーで満腹感も高いので、カロリーを気にする方にもおすすめ!とても優秀なダイエット食材なんです。

 

納豆

納豆

 

大豆が発酵した健康食品で栄養価が高いのが特徴、イソフラボンも1パック(50g)で65mgとたっぷりとれます。納豆独自の成分であるナットウキナーゼも一緒にとれる!血液サラサラ効果によって血流が改善。正しく流れるようになれば、エストロゲンも胸に届きやすくなります。

さらに、納豆には成長ホルモンの分泌を促すアルギニンも含まれています。成長ホルモンとバストアップには密接な関係があり!乳腺を発達する指令をだすラクトゲン受容体と結びつくことで、胸の脂肪を増やしてくれるんです。これらの成分の相乗効果で、胸の成長をサポートしてくれるんですよ。

ただし、納豆は独特な臭いや味がネック、加熱すれば軽減されるので、いろいろと工夫してみましょう。

 

 

味噌

お味噌

味噌に含まれるイソフラボンは吸収されやすい種類です。通常の大豆製品に含まれるイソフラボンはほとんどグリコシド型ですが、ミソはアグリコン型。約3倍の吸収率があるので、イソフラボンを効率よくとることができるんです。また、おミソ汁や調味料として毎日使えるのも魅力的、お豆腐や油揚げとの相性も抜群です。ミソだけだと必要なイソフラボンをとるのは難しいので、他の食材と組み合わせましょう。工夫次第であきずに美味しくイソフラボンをとれますよ。

また、イソフラボンの含有量が多いのは八丁ミソ、少ない量で多くのイソフラボンをとれます。ただし、八丁ミソを始めとする赤ミソは塩分が多めなので要注意!血圧上昇やむくみの原因になります。塩分が少なめの白みそを利用したり、とりすぎないようにしたり、適量をとるようにしてくださいね。

豆乳

豆乳

豆乳はイソフラボンの含有量がとても多く、続けやすいのが利点です。大胸筋の元になる良質なタンパク質もたっぷりとれるんです。特にイソフラボンが多いのが無調整豆乳の豆乳!1日にコップ1杯(200ml)飲むだけなのでとっても手軽なんですよ。

しかし、豆乳の独特な味が苦手な人も……。そういった場合は果物とまぜたり、料理につかってみたりと、美味しく飲める方法もありますよ。また、クセが少なくイソフラボンが少ない調整豆乳の場合は、キナコと混ぜるのがおすすめです。同じ大豆製品なのでイソフラボンが含まれているんです。

鶏肉は部位が重要!良質なタンパク質がとれる食べ物

ササミ

ササミ

高タンパク・低カロリーが魅力のササミは、カロリーを気にする女性に最適です。他の鶏肉と違い、毎日食べても太りません。味がサッパリしているので、味付け次第でさまざまな料理に変化します。サラダやあえ物にしたらとってもヘルシー、ダイエット食としても最適ですよ。また、お値段がお安いのもササミの良い所!毎日の献立に無理なく加えられますよ。

モモ肉

もも肉

モモ肉はタンパク質とコラーゲンを同時にとれます。コラーゲンはクーパー靭帯の維持に重要な役割を果たす成分です。しっかりとることで、プルンと上向きのバストを守れるんです。鶏肉の中で一番バランスよくとれるのがモモ肉!カロリーが高いといったデメリットもありますが、積極的に食事にとりいれましょう。

コラーゲンをたくさん含んでいるのがモモ肉の皮です。苦手な人も多い部位ですが、必ず一緒に食べるようにしましょう。また、モモ肉の肉汁を捨てれば油を減らせます。アミで焼いたり、キッチンペーパーでふき取ったりするだけで、カロリーがカットできますよ。

たまご

たまご

良質なタンパク質がとれて食べやすいのがたまごです。普段の食事に取り入れている人もおおいですよね?

タンパク質を構成する成分であるアミノ酸のバランスが理想的。調理の幅が広く、他の食べ物との組み合わせも自由自在です。

また、たまごは加熱すると吸収率がアップします。特に半熟の状態がおすすめ、ふわふわオムレツや温泉たまごにして食べると良いでしょう。2日に1個~2個を目安してくださいね。

チーズ

チーズ

チーズはタンパク質と脂質をバランスよくとれる食品です。

胸の大半は脂肪でできているので、脂質もある程度必要です。チーズの脂質はエネルギーに変わりやすく、脂肪になりにくい特徴があるんですよ。食べすぎは太ってしまいますが、バストアップのために積極的にとってもらいたい食材です。

[st-kaiwa1]スライスチーズなら1日に3枚くらいがベストですよ。[/st-kaiwa1]

さらに、チーズはそのまま食べられて調理にも使える万能食材!手軽にとれるのが魅力的です。おすすめはクリームチーズ!

手軽に食べやすく、カロリーが低いのが魅力です。

エストロゲン分泌を促す食べ物

キャベツ

キャベツ

キャベツはカロリーが低く生でも食べやすい食材です。胸が垂れてしまうのを防止してくれるコラーゲンの生成に必要なビタミンCも入っているのでより効果的!ボロンとビタミンCが壊れないように、生のままサラダで食べましょう。

ただし、キャベツのみを効果がでるまで食べ続けるのは大変です。すっと生でキャベツを食べていると飽ちゃいますよね?体を冷やすことにもつながるので、食べすぎには注意!4分の1玉と必要な量も多いので、他の食材と組み合わせせて無理なく食べるようにしてください。

アーモンド

アーモンド

アーモンドはボロンをてがるにとれる食べ物です。血行促進効果のあるビタミンEもたっぷり!胸に栄養を届きやすくなります。オヤツのように食べるだけなので、誰でも手軽に続けやすいんです。食べるなら生のアーモンドがおすすめ、加熱していないのでボロンもそのまま残っています。

手軽にたべられるため、ついつい手が伸びてしまいまいがちなアーモンド。しかし、アーモンドは高カロリーな食材です。食べすぎは体に良くないので、1日20粒までにとどめておきましょう。

ハチミツ

ハチミツ

ハチミツは毎日の生活に取り入れやすい食材です。冷たい飲み物にいれたり、ヨーグルトにかけたり、美味しくとれます。豆乳に入れれば効果も倍増しますし、適度な甘さが素敵です。ボロン以外の栄養素も豊富なので、美肌や健康にも良い影響をもたらしますよ。

ただし、ハチミツはあくまでサポートとして!とりすぎると血糖値があがってしまいます。1日の摂取量はティースプーン数杯程度まで、砂糖のかわりとして使用しましょう。

バストアップに効果的なその他の食べ物

ヨーグルト

その他バストアップに効果的な食べ物なのが、アボカドやヨーグルトです。

アボカドは血行を促進してくれるビタミンEが豊富、胸の元になる良質な脂肪もたっぷり含んでいます。

ヨーグルトにはタンパク質や、ホルモンバランスを整えるビタミンBが!さらに、乳酸菌で腸内環境をととのえることで、栄養も吸収されやすくなるんです。

また、女性ホルモンの材料となる油も重要!オリーブオイルやエゴマ油といった良質な油をとりましょう。

[st-kaiwa1]とりすぎはNG、適切な量を心がけてくださいね。[/st-kaiwa1]

バストアップの秘訣は「食」にあり

胸に必要な栄養を届けられれば、胸が大きくなる確率はグンと上がります。

今回紹介した食べ物を、日常の献立に組み込んでみてください。まずは、続けることが大事!すぐに効果はでないので、無理なく続けられる食べ物を選んでください。

複数のものを組み合わせれば、必要な栄養をしっかりと体にとりこめますよ。